事業承継1

会社の事業を承継していく形を考える際には次のことを整理する必要があります。

事業承継の形①

親族内承継

子・孫への承継

子・孫への承継以外

親族族外承継

企業内承継・・・役員や従業員など

企業外承継・・・他の会社からヘッドハンティング、会社そのものを他の会社へM&A

事業承継の形②

会社そのものを存続させる・・・株の贈与、譲渡など

会社そのものは存続させない・・・他の会社と合流、身売り(M&A)、会社の清算

事業承継の目線

承継させる立場(今の社長)からの目線

承継する立場(次の社長)からの目線

会社の役員、従業員からの目線

 

会社は経営陣だけでなく、従業員や取引先も含めて、実に多くの人の利害絡むため十分に検討を重ねて実行する必要があります。