事業承継2

同族会社の事業承継を考えることはなぜ大切なんでしょうか。

1会社の株式のお話し

会社の株が先代に集中している場合

①先代が亡くなったときの相続税が多額になる可能性がある

②会社は株主のもの→次の経営者に少しでも早く形式面での実権を握らせる必要がある。

会社の株が分散している場合

①現在の株主が亡くなった際に、その配偶者や子供に相続される。その後その配偶者や子供が亡くなったらさらに、その配偶者や子供へ。。。

→経営者からすると顔も知らない人が株主に。同族会社の場合は株の譲渡制限があることが多いので、その後の株の買い取りが困難に。できたとしても多額の資金必要になる。

2会社の経営のお話し

役員や従業員からの目線。

→承継が遅れれば、先代の思いはわかるが次代の思いが理解できないまま社歴を重ねる。

→先代が亡くなったときに戸惑う

→次代の考え方を受け入れられない。

次代からの目線

→少しでも早く承継の準備をすることで、次代の自覚が芽生える

取引先からの目線

→取引先も事業承継をしている可能性がある

→次代を認知させる、同性代の仲間を多く作る

→事業承継の準備を進めていることを銀行にアピール

→銀行も安心して取引を継続できる